働きながらの転職は難しい?在職中の転職活動を上手く進めるコツとは

働きながら転職活動をする人
  • 仕事をしながらの転職活動はきついイメージがある…
  • 退職後の方が面接なんかも集中して取り組めるのかな…
  • 転職は”働きながら”と”辞めてから”どっちがいいの?

 
どのタイミングで転職活動を始めるのか決めかね、こういった悩みを抱えている人は少なくありません。

 
働きながら転職活動を行う場合は、転職に必要な資料作りや面接日の調整などがあるため時間を上手く使うことが求められます。

 
そうすると日々の仕事が忙しい人ほど、「働きながらの転職は難しい…」と感じてしまいますよね。

 
ただ、だからと言って安易に退職し転職活動に専念することはオススメできません。

 
人それぞれの事情や状況によっても異なりますが、 在職中の転職活動はやり方さえ間違えなければメリットの方が多いからです。

 
この記事では働きながらの転職活動をオススメする理由と、”在職中の転職活動を上手く進めるコツ”について解説していきます。

在職中の転職活動をオススメする理由

在職中の転職活動

環境が許すのであれば”働きながらの転職活動”をおすすめします。

 
働きながらの転職活動は焦る必要が無く精神的な余裕も持てますし、納得がいくまで応募企業を探せるというのが強みになるからです。

 
とはいえ在職中の転職活動にデメリットが無いという訳ではありません。

 
働きながら転職をする場合のメリットとデメリットについて、それぞれご紹介していきたいと思います。

在職中に転職活動するメリット

  • 収入が無くなる心配がない
  • 条件の良い求人が出るまで待てる
  • 内定が取れなくても焦らなくていい
  • 履歴書に空白期間を作らない
  • 転職先を妥協しないで済む
  • 長期的な目線で落ち着いて取り組める
在職中に転職活動を行うメリットは”様々な面で余裕が持てる”という事に尽きます。

退職後では収入や空白期間に対する焦りと常に戦わなくてはいけません。

在職中に転職活動するデメリット

  • 就職活動をする時間を作りずらい
  • 面接には有給などで対応が必要
  • 採用を急いでいる求人は難しい
  • 現在の会社にバレる可能性がある
  • 失業保険の給付を受けられない
  • 時間を効率的に使う必要がある
在職中に転職活動を行うデメリットは、”転職活動にあてる時間の確保が必要”ということです。

 
退職後なら使える時間はたっぷりありますが、不採用が続いた時にはつらいでしょう。

安定収入は転職活動する上でも重要

収入が途絶えないメリット

上記のメリット・デメリットを見ていただいても分かる通り、働きながらの転職活動は決して楽ではありません。

 
それでも在職中の転職活動をすすめる最大の理由は、毎月生活費の心配をしないで転職活動が出来るからです。

 
今いる会社を辞めてから転職活動を行えば、使える時間が増えるため転職活動に集中できるのは確かだと思います。

 
ただ内定を取れない期間が続いてしまうと、転職活動を支えるはずの生活費が底をつくことも考えなくてはいけません。

 
2年・3年と暮らしていけるだけの貯金がある方は別ですが、そうでない人のほうが圧倒的に多いはずです。

 
生活自体が危うくなってしまうと焦りが生まれ、希望条件より劣る会社に妥協して入社してしまうこともあります。

 
「今よりも良い会社に転職したい」という気持ちで始めた転職活動もこれでは本末転倒ですよね。

 
そういった失敗をしないためにも、安定した基盤を保ちながら転職活動をすることが重要になってきます。

働きながらの転職活動を上手く進めるコツ

働きながら転職活動をするコツ

転職活動のことは会社に黙っておく

働きながら転職活動するとなると、「転職活動をしていることは会社に伝えた方が良いの?」という疑問を持つ方がいます。

 
ですが、会社側に転職活動していることを伝える義務はないので黙っておきましょう。

 
「私、転職活動してるんです。」なんて言ってしまったら、あなたがどんなに優秀でも会社に悪い印象しか与えません。

 
嘘をつけない人が変な正義感から話してしまうと、会社からの評価を下げてしまい社内での立場を失うことになるでしょう。

 
最終的に「転職は考え直そう」と思った時に、引き返せるのが働きながら転職活動を行うメリットでもあるため、慎重にいきたいポイントでもあります。

 
なかには「心苦しい」と感じる人もいるかもしれませんが、大事な命綱を手離さないためにも上手く転職活動をしていきましょう。

自分に合う求人が出るまで焦らず待つ

実際に転職活動を開始したら、自分の希望条件に合う求人が出るまで気長に待ちましょう。

 
人によっては「時間がもったいない!」と感じる人もいると思いますが、 求人にはタイミングや運も絡んでくるため急げばいいという訳ではありません。

 
仕事を辞めてしまってからだと生活費の心配もありますが、在職中であればそういった不安も無いため焦ることもないですよね。

 
これは働きながら転職活動をする人の特権でもあります。

 
転職先での仕事内容や待遇などに、明確なこだわりを持っている人ほどこの状況はプラスに働くでしょう。

 
自分に合う求人が出てくるのを焦らず待つことで、妥協や後悔なく転職できる確率は高くなると言えます。

面接は有給休暇を活用して受けに行く

いざ転職活動を始めて面接までこぎつけた場合は、有給休暇を取得して受けに行きましょう。

 
有給の取得理由は「私用」としておけば問題ありませんが、詳しく説明する必要がある場合は違和感のない理由が好ましいですね。

 
例えば病院への通院など、これまで有給の取得理由として利用してきたもののほうが自然な印象を与えます。

 
ただこういった理由提示に始まる”有給の取得難度”は、会社によってかなり差があるため状況を見た上で自己判断していく必要があります。

 
応募先の企業が理解のある会社であれば、在職中であることを考慮して平日の退社後や土日に面接をしてくれるところもあります。

 
どうしても休みが取れない時は、応募先の企業に相談してみてもいいでしょう。

会社に対する罪悪感を持たないこと

面接に行くために有給休暇を取得したりしていると、今の職場に対して罪悪感を持ってしまう人がいると思います。

 
ですが、転職活動に対して罪悪感を感じる必要はありません。

 
そもそも転職を少しでも考えるということは、現在の職場環境や会社の未来などに不満や不安を抱えている証拠です。

 
それが人間関係の問題なのか、労働環境に対する不満なのかは分かりません。

 
ただ何も不満がなく現状に満足している人は「転職」なんて考えませんから、きっとあなたを突き動かす理由があったはずです。

 
そうであれば自分の将来を一番に考えて転職活動することは、人間として当たり前の行動と言えるでしょう。

 
今の職場での仕事をおろそかにせず、周りに迷惑をかけなければ誰にも気を遣う必要はありません。

在職中の履歴書の書き方と面接に持つ疑問

履歴書の書き方や面接での受け答え

履歴書の書き方はどうすればいいの?

働きながら転職活動を行う場合には、履歴書にもそれが分かるように記載する必要があります。

 
退職してから面接を受ける際は「一身上の都合により退職」という形式がほとんどですが、在職中の場合は最後の行を下記の様に

 
「平成○○年○月 ○○株式会社 在職中」としておきましょう。

 
また、働きながらの転職活動で忘れてはならない「連絡方法と応対できる時間帯」も、履歴書の備考欄などに記入しておきます。

 
決めかねる場合は、休日や退社後の時間を書いておけば間違いありません。

 
せっかく応募先から連絡を貰っても、仕事中では対応できなかったりするためあらかじめ書いておくと親切です。

面接で入社日を聞かれたらなんて答える?

実際に面接まで進んだ時に頭を悩ませるのが「いつから働けますか?」という入社日の確認です。

 
退職後であれば都合がつく範囲で即答できますが、働きながらの場合だと現職の都合を考えなくてはいけません。

 
この場合は、現職の退職規定を調べ引継ぎも含めてどの位の期間で辞められるかを調べておきましょう。

 
その上で「引継ぎなども含めて2ヵ月ほどいただきたいです。」などと回答すれば問題ありません。

 
どんな会社でも退職意志を告げてから引継ぎも含めて1ヵ月ほど(法律上では2週間)で辞めることが出来るため、そこまで心配はいらないでしょう。

 
ただ、在職中の会社へ退職意志を伝えるのが遅れてしまうと退職日も伸びてしまうので気を付けましょう。

 
入社のタイミングについては大抵の会社が最低でも1ヵ月、長いと2ヵ月近く待ってもらえるのため、現状を説明し交渉する姿勢が必要です。

内定が出るまでの平均活動期間は3~6ヵ月程度

内定が出るまでの転職活動期間

転職活動と言うと気になるのが「内定が出るまでの期間」です。

 
リクナビNEXTの調べによると、内定までの転職活動期間は”3~6ヵ月程度”とされており3ヵ月ほどの幅が生まれています。

 
この結果は単純に、在職中と退職後の人で転職活動のスタイルが異なることが原因と考えていいでしょう。

 
退職後であれば時間を利用して沢山の企業にアプローチが可能ですし、在職中であれば求人を選びながら長期目線で転職活動を行います。

 
この転職スタイルの差が、転職活動期間の平均値に幅を生んでいると言えます。

 
ただこればかりは運やタイミングなども関わってくるため、この平均値よりも早く内定が決まる可能性は十分あります。

 
こういった転職活動期間の平均を調べる際は、自分が選ぶ転職活動のスタイルを理解した上で参考にしましょう。

内定が出るまで何社くらい応募すればいいのか

内定が出るまでの応募数

マイナビ転職の調べによると、内定が出るまでに平均して10社ほどに応募しているというデータがありました。

 
ただ 転職活動には「どのくらい応募すれば内定する」という明確な基準は存在しません。

 
先にも述べたように転職活動のスタイルや求人に出会うタイミングもあるため、参考程度に考えた方が良いでしょう。

 
極端に言えば、運よく1社応募しただけで内定が取れる人もいます。

 
それでも法則性や基準などが存在するわけではないため、内定がもらえるまで自分のペースで転職活動をしていくことをおすすめします。

 
働きながらの転職活動であれば「いつまでに内定を取らないといけない…」というタイムリミットもないため、長期的に続けられる利点もあります。

 
あまり平均の応募社数などにこだわりすぎず、自分の納得のいく就職先を見るけることにこだわって転職活動をしていきましょう。

内定が出るまで根気よく転職活動を続けること

転職活動を根気よく続けて納得のいく会社へ

いざ転職活動を始めたら、内定がもらえるまでとにかく続けましょう。

 
内定が出るまでの平均活動期間や応募社数などは、あくまで局所的な平均値であって絶対的な基準ではありません。

 
それを理解していないと、平均値と自分を比べて落ち込むなど転職活動のモチベーションが保てなくなってしまいます。

 
転職に関する統計データなどは、時に自分を惑わす原因にもなるため参考程度にとどめておくほうがいいでしょう。

 
受かることも重要ですが、それ以上に 「転職しよう」なんて思わないような自分に合う内定先を見つけることが重要です。

 
じっくりと腰を据えて転職活動をすることで、納得のいく会社をみつけましょう。


この記事がお役に立ちましたら、シェアしていただけると励みになります。