ゾゾタウンが「送料自由」を試験導入?送料選択型の新しい形へ向かうZOZOTOWN

zozotownが送料自由をスタート

画像はZOZOTOWNホームページから引用

スタートトゥデイが運営する通販サイト「ZOZOTOWN(ゾゾタウン)」が10月1日より、送料を買い手側が選択できる「送料自由」を試験的に導入しました。

この取り組みはEC・通販業界では初の試みとみられており、業界全体としても前代未聞の取り組みとなります。

この記事では「送料自由」が具体的にどういう仕組みなのか、今までとはどう変わったのかを解説していきたいと思います。

送料のデフォルトは400円

送料の初期設定は400円

実際に送料画面を見てみると「送料はお客様がお決めください」となっており、画像のとおり初期値として400円に設定されています。

何もいじらないと400円のままなので、価格表示の右側にあるドロップダウンを押してみましょう。

選べる送料の幅は0~1500円まで

送料の選択は0~1500円まで
ここでドロップダウンを押してみると選択肢が100円~1500円まで出てきます。

このドロップダウンには0円の選択肢はありませんが、ドロップダンの下にある”その他”という項目に一覧からは選択できない0~3000円までの金額が入力できるんですね。

送料の選択は0~1500円まで

この自由入力欄には1円刻みで送料を入力できるため、実際はかなりの選択肢がある事になります。

ZOZOTOWNの元々の送料設定と比較する

これまでのZOZOTOWNの送料を見直してみましたが、下記のとおり通販ではよくあるオーソドックスな送料体系でした。

購入代金4998(税込)以下の場合は399円(税込)
購入代金4999(税込)以上の場合は無料

とはいえ上記の様な送料体系が通販業界では定番とされているため、今回の「送料自由」の試みがいかに面白いものなのかが分かります。

運送業に関わる話題に事欠かない昨今なので、話題を投じる時期としても非常にタイムリーだと言えます。

ZOZOTOWNからの「送料自由」公式アナウンス

公式ホームページからのアナウンス

本日10月1日よりZOZOTOWNの送料は、お客様に自由に決めていただけるようになりました。

お客様のご都合やお気持ちに合わせご自由に設定ください。

私たちは引き続き、宅配会社様のご協力のもと最高の配送サービスを提供できるよう努めてまいります。

また、当サービスは試験的実施のため予告なく変更・終了する場合がございます。

これからもZOZOTOWNをよろしくお願いいたします。

ZOZOTOWNホームページから引用:ZOZOTOWN – 送料自由

ZOZOTOWN前澤友作社長からのアナウンス

【送料自由】本日よりZOZOTOWNの送料は、お客様のお気持ちやご都合で自由に決めていただけるようになりました。0円でも500円でもお客様の自由です。自由に価格を決めていただくことで、運ぶ人と受け取る人との間に、気持ちの交換が生まれれば素敵だなと思います。よろしくお願いします。

前澤友作社長のTwitterから引用:ZOZOTOWN – 送料自由

ユーザーの気持ちが価値を決定する新しい時代へ

前澤社長自身がtwitterでおっしゃっていますが、「お客様の都合で自由に決めていただける」という価値観は新しい時代を予感させる試みですね。

今回の「送料自由」の様に販売側が価値を指定しないということは、”買い手側の企業に対する評価”が価値判断の決め手となるため、必然的に企業の価値が問われる形になるでしょう。

これは最悪の場合、全てが0になる可能性があるリスキーなやり方と言えますが、同時に企業の評価に自信が無ければ出来ない事だとも言えます。

「送料自由」に関しては試験的な導入とされているため、今後どう変化していくかは分かりません。

しかし通販業界の常識を斬新な企画で次々と覆すZOZOTOWN(ゾゾタウン)、これからどんな面白い手を打って出るのか楽しみですね。

 

TOPページへ⇒「仕事を辞めたい」と言えないあなたに知って欲しいこと – ジョブカウ

この記事がお役に立ちましたら、シェアしていただけると励みになります。