“まともな会社で働きたい人”が入社後に後悔しない会社に入る方法

“まともな会社で働きたい人”が入社後に後悔しない会社を見抜く方法

今現在、ブラック企業にいて「まともな会社で働きたい…」と感じて毎日死ぬほど悩んでる人は多いと思うんですよ。

 
で、そうなるとどんな業界がいいのかとか、まともな会社を見分けるためにみんな頑張って求人情報を探して比較しますよね?

 
ただブラック企業からまともな会社へ転職できた僕の経験からすると、これじゃあほとんどの人がまともな会社になんて入れません。

 
入社後になってから「こんなはずじゃなかった…」と後悔してしまう人には、必ずある共通の特徴があるんです。

 
それは転職の面倒さから、転職活動をするうちに「入社できればどこでもいい」と思ってしまうこと。

 
この状態で会社選びに挑んでしまっては、どんなに頑張って求人情報を見比べても運頼みになり「入れそうな会社に入る」ことになってしまいます。

 
でも出来れば失敗したくない、入社後に後悔しない会社に入りたいですよね?

 
幸い面倒臭がらずに少しの手間を惜しまなければ、誰でもまともな会社に入れる確率はあげられます。

 
この記事ではそんな”まともな会社に就職・転職したい人”へ向けて、僕が知っていることを全部書きます。

まともな会社で働きたい人ほど転職活動が適当

会社選びが適当な人は多い

あなたはこれに当てはまっていませんか?

 
この見出しを見てドキッとした人は少なくないはずです。

 
過去の自分にも当てはまるので偉そうなこと言えないんですけど、「まともな会社で働きたい」と考えている人ほど”転職活動がテキトー”なんですよ。

 
最初はみんな、求人を見比べて一生懸命に仕事を探しますよね?

 
給料、労働時間、福利厚生なんかを見ながら比較して、自分が望む条件に合う求人を絞りこんでいく。

 
ここまでは間違っていません。

 
ただ待遇の良さそうな会社までは絞り込めても、重要な「履歴書」や「面接」の対策まではやらないんですよ。

 
つまり、ほとんどの人が”待遇の比較で会社を絞り込む”までしかやってないんです。

 
非常に大事な話をすると、入社後に後悔しない会社ってそんな適当にやって入れるもんじゃありません。

 
良い会社ほど、入社したい人が沢山いますからね。

 
求人を眺めて良さそうな会社をピックアップするだけの戦略だと、90%以上の確率で会社選びに失敗します。

 
それなのにほとんどの人がアルバイト探しと変わらないレベルの転職活動しかやっていないんですよ。

 
だから結局良い会社には入れず、楽に入れそうな会社に入社してから「あれも違う、これも違った…」みないな感じになる訳です。

 
改めて説明されると当たり前に感じるかもしれませんが、これが”まともな会社に入れない最大の原因”なんですね。

企業の言うことを鵜呑みにすると失敗する

自分の事を言われているようで、このまま読み進めるのをやめたくなった人もいるかもしれません。

 
ただ、この流れから僕が言いたいことは一つだけです。

 
努力すべきポイントで努力しなければ、何度転職してもまず失敗しますよってことです。

 
求人だけ見て楽に入れそうな会社に入るのは一番やってはいけない行動です。

 
つまり、「求人票を眺める」の”先”を何とかする必要があるということです。

 
この意味を理解できないと、転職が厳しくなる年齢まで以下の様なループを繰り返すことになりますよ。

  1. 楽に入れそうな会社を探す
  2.     ↓

  3. 実際に入社してみて後悔…
  4.     ↓

  5. また転職を考える…

 
そして最終的には納得できないまま歳を取り、どこかのブラック企業に妥協して人生を預ける羽目になってしまうのがオチです。

 
そうならない為には、これから話すことはもっと大事になります。

まともな会社に転職するには”考え方”を変えること

まともな会社に入るには考え方を変えることが大事

じゃあどうやってこの状況を回避するのか?

 
本当にまともな会社に入りたいんだったら、学生のアルバイトじゃないんで真剣に考える必要があります。

 
昔の僕がそうだったように、“まともな会社に入りたい”と言っている人の大半は、何となく会社を選んでしまっているんですよ。

 
つまり運が悪かったのではなく、何となく会社を選んでしまった結果としてまともじゃない会社に入ってしまっている訳です。

 
いいですか?

 
単純計算でも、20代の人なら40年、30代の人なら30年、40代の人でも20年近くはその会社で働き続けることになるんですよ。

 
うわべの待遇やイメージだけで何となく会社を決めて「次はまともな会社だったらいいなぁ~」なんてぬるい考えは今すぐ捨てましょうよ。

 
 
まともな会社を探すために必要なことはたった1つだけです。

 
「民間の転職支援サービスに相談してみる」

 
シンプルにこれだけです。

まともな会社を探すには企業の内部情報を徹底的に調べる

正直なところ「履歴書」や「面接」の対策なんて誰かに教わりでもしないと、ネットに載ってるような小手先の方法しか分かりません。

 
またどんなに頑張って求人を探してきても、そこが本当に良い企業なのかの判断は個人では難しいですよね。

 
だからこそ「自分一人で転職活動することから抜け出してみる」ことが大切なんです。

 
転職に関する知識や経験がない中、一人で何とかしようとするから力不足で適当な会社に収まってしまうんですね。

 
頼れるところは人に頼り、重要な判断だけをするようにすれば転職活動にも自然と余裕が生まれます。

 
大事なことは3つ。

 
シンプルに言うと「求人の選定」「履歴書対策」「面接対策」、これら3つをきちんと押さえることが大事だと気付いた人から先に進めます。

  1. 「求人の選定」
  2. 「履歴書対策」
  3. 「面接対策」

 
僕の場合は転職に際して誰にも頼れなかったので、転職の相談に乗ってもらえるリクルートエージェントというサイトを見つけました。

 
この”リクルートエージェント”は自分の希望・要望を伝えたうえで、「求人の選定」「履歴書対策」「面接対策」をサポートしてくれる転職のプロなんですよ。

 
応募先の選定も自分が伝えた希望・要望を聞いたうえでお願いできるし、履歴書・面接対策のサポートももちろんしてくれます。

 
つまり、自分1人では上手く転職の対策が取れない人でも、プロに相談しながら転職活動が出来るということです。

 
当初は「相談したら絶対転職しないといけないのかな…」と心配していましたが、紹介された求人を断ることもできるためその心配はいりませんでした。

 
また非常に大きいメリットだと感じたのは、「応募先との年収・給与交渉をエージェントに依頼できる」という点です。

 
通常1人で転職活動をしていて、いきなり年収や給与の交渉をするのって相当ハードルが高いというか不可能に近いですからね…

 
良い会社であることももちろん大事ですが、年数や給与も大事なポイントです。

 
このように「適当な転職活動から一歩先へ進める」のがリクルートエージェントの特徴なんです。

入社してしまう前に企業の内情を調べるリクルートエージェントでこういった転職相談をするには、WEBサイト上で自分の職種や勤務希望地などを入力し簡単な相談資料を作っていきます。

 
まぁこれから自分にぴったりの仕事を探してもらうんですから当たり前ですよね。

 
といっても実際にリクルートエージェントを使うのに必要なのは「20~30分程度の時間」と「メールアドレス」位です。

 
そんなに時間もかからないですし、無料なので料金とかも取られません。

 
ただご覧のとおりの便利な相談サービスなので、いつまで無料で利用できるかは分からないです。(※2020年9月現在はまだ無料です。)

 
ここまで読んで「えっ、登録が必要なのか。面倒くさいな…」って思った人は、まともな会社で働くなんて夢を見るのはやめた方が良いですよ。

 
まともな会社に勤めたい人は皆、自分の時間を使って必死に転職先の会社を探してるんです。

 
本気なんですよ。

 
これから何十年と働くかもしれない会社を探すのに、たかだか数十分程度の時間も捻出できない人はもう諦めたほうがいいです。

 
仕事は適当に決めて、昔の僕みたいにマンガを読むかスマホゲームでもやってた方が幸せだと思いますよ。

最後に~まともな会社で働きたい人へ~

記事の冒頭でも書きましたが、転職活動に手を抜いてしまう人はまともな会社に入れません。

 
これは面倒なことを避け続けてきた昔の僕です。

 
ここまでこの記事を読んでくれた方の中には、僕と同じような苦い経験をしている人も多いでしょう。

 
でも僕はこの記事で書いたような考え方に切り替えることで、年齢的に厳しくなる前にまともな会社に転職することが叶いました。

 
一歩踏み出すことは確かに億劫ですが、面倒なことを乗り越えることで得られるものもあります。

 
ここで紹介した方法はあくまでも一例ですが、まともな会社で働きたい人はきちんとプロに相談しながら同じ過ちを繰り返さないことです。

 
そのためには少しの手間を惜しまず、自分自身の手で転職を前に進める力が必要ですよ。

 

【転職のプロに相談できるサイト】

⇒ リクルートエージェント

この記事がお役に立ちましたら、シェアしていただけると励みになります。