上司が尊敬できないって理由で辞めたいはダメ?いえ正常な感覚ですよ

上司を尊敬できないから仕事を辞めたい

「上司を尊敬できない。ついていきたいと思えない・・・。」

 
「辞めたい・・・。」

 
このフレーズ、実際に心の中でつぶやいてしまっていたら苦しいですよね?

 
何が苦しいって、これを思った時点で上司からどんなに正しい指示や命令を受けても、素直に従うことが難しくなるからです。

 
これはサラリーマンの絶対的な上下関係が破たんしてしまっていると言っていいでしょう。

 
きっとあなたは何か言われるたびに、「こんな上司の言うことは聞きたくない!」と心の中で葛藤が始まっている頃だと思います。

 
もしいま仕事を辞めたいと感じているとしたら、それは正常な感覚です。

 
正直に言うと、尊敬できない上司の下で働き続けるのは死ぬほど苦しいですからね。

 
もしかすると自分がイジメにあうよりも苦しいかもしれません。それくらい心の中にモヤモヤとしたものを抱え続ける羽目になるからです。

 
この記事では少しでもそういった心の葛藤を解消できるように、上司を尊敬できない時の心の整理について書いていきます。

尊敬できない上司の下で働くのは相当つらい

尊敬できない上司の下で働く

記事の冒頭でも書きましたが「上司を尊敬できない」と認識してしまうと、心の中で上下関係が破たんしてしまいます。

 
もちろん会社員なので最終的に上司の指示や命令に従うことにはなりますが、その度に心の中で反抗し続けるのは本当に苦しいですよね。

 
いったん軽蔑してしまうと、上司のちょっとした言動を目にするたびに心の中で独り言をつぶやくようになります。

 
例えばこんな感じで。

  • 何言ってんだこいつ?自分の言ってること分かってんのか?
  • 忙しいのに休憩ばっかりしてこの人何考えてんだろう?
  • こんな仕事しかできないのに自分より給料もらってんのか…
 
これはほんの一例で、挙げればきりがない程のパターンが出てきますし終わりがありません。

 
この「心の中の軽蔑行為」をずっと続けるのは精神的な負担も大きく、直接言葉に出来ない分ストレスは何倍にも膨れ上がります。

 
尊敬できない上司の下で働くと実際の仕事で感じる肉体的な疲労よりも、精神面でのストレスのほうが大きくなるので注意ですね。

原因は上司を人として尊敬できない点にある

上司を人として尊敬できないのが原因

上司を尊敬できない時の理由は大きく分けて2つに分かれます。

 
細かい事例はあるでしょうが、最後は大抵この2つのうちのどちらかでしょう。

  • 全く仕事ができない
  • 人間性が低すぎる

 
順番に見ていくと「仕事ができない」というのは、上司として確かに致命的。やっぱり憧れがないと尊敬しずらいですもんね。

 
ただほとんどの人は「上司の人間性が低すぎる」というのが主な理由になります。

 
恐らくあなたもそうだと思います。何故か?

 
上司が仕事できないくらいじゃあ、精神的な葛藤なんて生まれないんですよ。

 
仕事が出来ないだけの上司なら、何か言われても「はい分かりましたー」って言えます。「仕方ないからやってやるか~」くらいな感じです。

 
ただ、上司を人間として軽蔑している場合にはこれが出来ません。

 
「人間は感情の生き物」と言われるだけあって、上司だろうと何だろうと従いたくない人間には徹底的に抵抗してしまうんですよ。

 
これがあなたの抱えている葛藤の原因という訳です。

尊敬できる人がいない会社では意欲を失ってしまう

尊敬できる人がいない会社では目標が無くなってしまう

人間いくつになっても自分が身を置く環境の中で、誰かを模倣し学ぶことで成長していきます。

 
この「模倣する対象」というのは、今いる環境の中で自分が尊敬できる人になることがほとんどでしょう。

 
つまり尊敬できる対象がいないと言うことは、何かを目指し成長しようとする意欲を持てないことになってしまうんですね。

 
人間「こうなりたい」と思える対象がいなければ、夢も希望も持てません。

 
現に自分の一番身近にいる上司を尊敬できないという人は、夢や希望どころか働くことすら嫌になっているはず。

 
特に仕事まで疎かにするような上司の場合は、こちらが尻拭いをさせられることも少なくありません。

 
そんな会社で頑張ろうと思える人など99%いないので、「ここにいても何も得られない」と察した人からその職場を去ることがほとんどですよ。

 
あなたが上司を尊敬できないという理由で仕事を辞めたいと思っても、それは正常な感覚だと言えます。

上司に従えないのなら退職も正しい選択肢になる

尊敬できない上司の下で働き続けるのは本当に苦しいです。

 
心の中でいつも尊敬できない上司に反発し、嫌々ながら指示や命令に従うんですから当然ですよね。

 
サラリーマンの場合、上司に従えない人は辞めるしかありません。

 
上司を心の底から軽蔑している場合は、素直に退職することが正しい選択と言えます。

 
よく「我慢するから仕事なんだ」と精神論者が出てきますが、同じ給料を貰えるなら生き生きと働ける職場のが良いに決まってますよね。

 
大抵仕事で輝いている人や充実している人というのは、尊敬する対象(上司・先輩)がいて様々なアドバイスやフォローをしてもらっていますよ。

 
それだけ上司や先輩との関係性は仕事に影響しますし、ひいては人生の充実度にも関わってきます。

 
職場の環境がそれだけ重要なのだということを胸に刻み、”尊敬できる上司のいるきちんとした会社”で働けるよう慎重に転職活動を行いましょう。

この記事がお役に立ちましたら、シェアしていただけると励みになります。