正社員だよ?面接中その場で採用された時に注意すべき3つのポイント

正社員の面接で即採用を貰った時
  • 正社員の面接を受けてその場で採用されてしまった
  • でも合否の連絡は後日通知が一般的なはず…
  • やっぱり当日に即採用する会社は怪しいのだろうか?

 
アルバイトでもないのに面接時に採用されてしまい、このような不安を抱えている人は多いと思います。

 
「じゃあ~出社日いつにしましょうか?」なんて正社員の面接で言われたら、誰でも「えっ?」となってしまいますよね。

 
仮にアルバイトの面接ならその場での採用も考えられますが、正社員の面接の場合は想定していないこともあって混乱するはずです。

 
ですが実際に「その場で採用」を告げる会社は意外と多く、なかにはブラック企業が紛れていることもあります。

 
この記事では、面接中その場で採用された時に注意したい3つのポイントとその場での対応の仕方について解説していきます。

その場で即決採用をされる時の3つのパターン

あなたが会社にとって「良い人材」だと判断だとされた

中小企業では良くある光景ですが、面接官が社長であったり採用の決定権を持っている人の場合は、その場で採用される確率は高くなります。

 
理由としては、応募者が会社の考え方や方向性にうまく順応していけそうな場合は、会社側としても「人材確保」という事で確実に採用したいからです。

 
実際に応募者が「面接する会社は一つだけ」という事は少ないですよね。

 
会社側としても頻繁に良いと思える人材が来てくれる訳ではないので、確実に採用したい場合は他の企業よりも早めに手を打つことがあります。

 
こういった”会社と応募者の相性やフィーリング”的な部分で即日採用されることは珍しくありません。

会社が今すぐにでも人が欲しいくらい「人手不足」である

2つ目のパターンとしては会社が常に人手不足である場合が考えられます。

 
人手不足の理由としては事業の拡大などを除くと、そもそも離職率が高いか社内の問題で一斉に退職者が出たかのどちらかが多いでしょう。

  • 仕事内容がきついため離職率が高い
  • 何か問題があり一斉に退職者が出た

 
実際に離職率が高いと会社側も「社員は入っても辞める」という前提で考える為、あまり丁寧に採用活動を行いません。

 
特別態度が悪かったり問題を起こしそうでなければ、採用してしまう事がほとんどです。

 
この場合は「どんな人材を取るか」ではなく、「目先の人手を確保する」という事が会社の目的なので、あっさりその場で内定をもらう事も珍しくありません。

採用に力を入れていない会社がやる「とりあえず採用」

3つ目は採用に力を入れていない会社にありがちな「とりあえず採用」です。

 
中小企業で人材育成や会社の発展を考えない会社は、採用時に態度や経歴など最低限の判断しかせず、適当に数人を採用して様子を見ることがあります。

 
本来なら選考を重ねて1人か2人に厳選するところを6~7人まとめて採用し、その中から仕事に向いている人だけ使っていくというパターンですね。

 
こういう採用が雑な会社は入社後の人材育成もほとんどやりません。

 
採用されても結果的に仕事が自分に向いていた場合は良いですが、向いていなかった場合に会社からのフォローを受けられない事がほとんどです。

面接中その場で採用された時に注意すべき3つのポイント

①面接官の態度から適当な印象を受けないかったかどうか

まずは面接官の「態度」を思い出してみましょう。

 
基本的に面接官は代理などでない限り、会社の中でもそれなりのポジションや権限を持っている人がほとんどです。

 
そう考えると、その採用担当者の印象が会社そのものを表しているといっても過言ではありません。

 
面接での対応や態度が悪かったり、言葉遣いが雑だったなど一般的な正社員の採用面接として違和感を感じなかったかどうかが重要です。

 
実際に「採用担当者は会社の顔」と言われているほど、その会社を見極めるのに重要なポイントになります。

②面接で具体的な質問や仕事に関する説明をされたかどうか

面接のやり取りを思い出した時に、あなたに対する質問や仕事に関する説明がない「いいかげんな面接」だったと感じた場合は注意しましょう。

 
きちんとした会社であれば、会社の考え方や仕事についていけるかなど様々な事を確認するためにあらかじめ質問を用意しています。

 
何もなければずっと働くのが正社員ですから、会社側が採用時に慎重になるのは当たり前ですよね。

 
仕事内容や待遇についても、応募者が面接で聞きずらい事に関しては「何か質問はありませんか?」と聞くのが基本です。

 
もし面接でこういった基本的なやり取りがなかった場合は、人手不足かとりあえず採用したいだけの会社かもしれません。

③社内の空気・社員の雰囲気が殺伐としていなかったか

面接で会社を訪れた際に、社内ですれ違う社員さん達の雰囲気や会社の空気は何となく感じ取れますよね。

 
この時に面接官が話していた内容や求人情報と、実際の現場から感じ取れる雰囲気がずれていなかったかを思い出してください。

 
面接官が「うちは和気あいあい仕事をしている」と言っていても、職場が殺伐とした雰囲気だとしたらブラック企業が会社を良く見せようとしているだけです。

 
企業の中には面接の後に、実際に働く職場を見学させてくれることがあったりもするので、その時の印象を覚えておきましょう。

面接当日に「採用」と言われたら最低でも1日待ってもらう

面接の際にその場で採用と言われた場合は、「まずは採用に対して丁寧にお礼を言った上で、持ち帰って検討させてもらう」というのが一番安全です。

 
これはその場で「採用」と言われてしまうと、自分の気持ちや印象よりもその場の雰囲気に飲まれてしまう事が多いからですね。

 
経済的・年齢的な事情がない限りは焦らないほうが賢明です。

 
会社がどの程度猶予をくれるかは分かりませんが、まともな会社なら待ってくれますし時間を貰って考えた方が後々後悔することも少なくなります。

ブラック企業を避ける為に予め会社の評判などを確認しておく

ここまで書いてきたように、面接の際にその場で採用を出す会社にも様々な理由があります。

 
なかでも皆さんが懸念する”ブラック企業への就職”を避ける為には、事前に会社の評判をチェックしたり、頻繁に求人を出していないかを事前に調査する必要があります。

 
やっぱり何も情報収集してない会社に採用を出されても、不安になってしまいますからね。

 
もし最初から評判のいい会社だと分かって応募できれば、面接の場で即採用されても不安になる事は少ないでしょう。

 
就職や転職の際には、事前に会社の情報や評判を入念に調べ上げてから応募することが非常に重要です。

この記事がお役に立ちましたら、シェアしていただけると励みになります。