職場の人間は誰も信用できない…人間不信を克服する為の3つの方法

職場の人間が信用できず、人間不信になる
  • 職場で仲良くしていた同僚に急に冷たい態度を取られた…
  • 慕っていた先輩に裏で自分の悪口を言われていた…
  • 自分の言った愚痴が職場の全員に広まっていた…

 
こういった職場での仕打ちに困惑してしまい、会社の人間を信用できない状態の人は少なくないですよね。

 
実際に上記のような出来事が続いてしまうと、職場の人間が信用できなくなり最終的には重度の人間不信に陥ってしまうこともあります。

 
僕自身、過去に直属の上司から度重なる嫌がらせを受けたことがきっかけで、職場の人間を信用できなくなりました。

 
直接的な被害は無くても、”同僚を信じられない”というのは精神的に堪えるんですよね。

 
本当は何かの間違いや勘違いであって欲しいんですが、中には性格の悪い人間や人を利用する事しか考えていない人間も存在するんです。

 
そういった人たちを中心に裏切りや悪口が横行していれば、安心して仕事をすることはおろか心が休まる瞬間すら無いはずです。

 
職場での人間不信を克服するには、自分の行いや考え方を振り返ることが重要になります。

 
そして、最終的にはその職場や同僚たち自体が一般的に考えて”まともかなのかどうか”を考えなくてはいけません。

 
この記事では職場での人間不信への対策と、実際に人間不信に陥ってしまった場合の克服方法を解説していきたいと思います。

職場で人間不信になってしまう理由

  • ついこの間まで普通に話していた同僚に無視される
  • 仲が良いと思っていた同僚が上司に自分の悪口を言っていた
  • 信用していた上司に事実ではない変な噂を流される

 
職場での人間不信の原因となってしまうのは、上記のような「信用していた人に裏切られる」というパターンがほとんどです。

 
こういったことを発端に”パワハラ”や”モラハラ”など、いわゆる「いじめ」のような行為に発展することも多く、ストレスを抱えて悩み抜いた末に転職をする人も少なくないんですね。

 
怒鳴るのは弱さの証?私が実際に収集したパワハラ上司の攻略法すべて」という記事でも書いたとおり、パワハラ行為は一度受けてしまうと解決が難しい問題でもあります。

 
何故なら相手が退職するか自分が会社を去るかしない限りは、半永久的に続いてしまうからなんですね。

 
相手が初めから嫌な態度で接してくればこういうことは起こりませんが、最初は人当たりが良く一見まともそうな人が、後になって嫌がらせをしてくるパターンも多いです。

 
この場合、第一印象が「いい人」から始まる訳なので、それなりの人生経験があってもなかなか見抜くのが難しいはずです。

 
そうなるとあなたのどんな些細な言動から足元をすくわれるか分かりません。

 
被害にあわない為にはトラブルのもとになる会社や同僚への不満や愚痴などを、自分から口にしないようにしましょう。

人間不信の「症状」と「具体的な段階」とは

人間不信に悩まされる人

  1. 相手の言動の裏側を常に考え疑ってしまう
  2. 誰に対しても疑心暗鬼になってしまい、常に怯えてしまう
  3. 最後は誰も信じられなくなり、孤立してしまう

 
人間は人への不信感が募れば募るほど、人間不信の症状が悪化していきます。

 
普通はそこまで酷い状態にはなりませんが、常に悪口や不満が蔓延し人の足を引っ張りあっているような職場の場合は、この限りではないです。

 
あなたの中で人間不信が深刻化してしまう前に、人間不信の具体的な症状についてきちんと理解しましょう。

相手の言動の裏側を常に考え疑ってしまう

相手が何気ない会話の中でしてくる質問に対して「何か聞き出そうとしているのではないか?」と疑ってしまったり、プレゼントに対して「代わりに何か頼みごとがあるのかな?」と考えてしまうような状態です。

 
上司や同僚から裏切られた経験がある人は想像できるかもしれませんが、普段なら意識しないような些細なことでも、無意識に相手の言動に裏がないかを疑ってしまいます。

 
これは猜疑心(人を疑う気持ち)が強くなってしまう傾向で、人間不信としては初期の段階にあたりますが、これは立派な危険信号です。

誰に対しても疑心暗鬼になってしまい、常に怯えてしまう

1つ前の項目では「職場」など一部の限られた場面においての症状でしたが、これが悪化すると信用できるはずの家族や友人などにも同じような疑念を抱いてしまい、常に人間関係に怯えることになります。

 
症状の重さによっては人からの善意や優しさにまで疑いの目を向けてしまい、疑うべき相手とそうでない相手の区別がつかなくなるということです。

 
まさに僕がこれでした。

 
仕事と全然関係のない友人にまで不信感を抱いてしまい、誰に対しても疑うことがクセになっているような感覚です。

 
ここまで症状が悪化している場合は、ストレスからうつ病など精神的な病を患っている可能性もあるため、早めに休養するか心療内科などを受診したほうがいいですよ。

 
なるべく早く信用できる家族や恋人・友人と多くの時間を過ごすことで、気持ちを立て直すことにつとめて下さい。

【Point!】深刻な場合は早めの休養か病院での診断が必要

 
うつ病は症状の度合いにもよりますが、回復までに年単位の時間がかかることも少なくないです。

 
うつ病の具体的な症状については「鬱病になったらどうしたらいい?仕事をしている社会人の向き合い方」という記事で詳しく説明しています。

 
もし疑われるような症状がみられた場合には、無理をしてでも一旦休養を取り心の回復に専念することをおすすめします。

最後は誰も信じられなくなり、孤立してしまう

家族や友人まで信用できなくなると「もう誰も信用できない」という心理状態になり、必然的に人と人間関係を構築することを避けるようになります。

 
その結果、根本的に人間を嫌いになってしまったり、重度の対人恐怖症につながる恐れがあるんですね。

 
人と人間関係を築く”コミュニケーション”と言う行為は、仕事はもちろん日常生活の基本となる部分です。

 
ほんの些細な事がきっかけだったとしても、深刻な状態になってしまえば生活していくこと自体が難しくなってしまいます。

職場でいじめや陰口に悩まされない為の人間不信対策

どこかの派閥(グループ)に入ってしまう事

正直な話、まともな人間が多い職場ではいじめや陰口に悩まされることはありません。

 
いじめや陰口を叩いてしまう人間というのは、ほぼ例外なく何かしらの問題を抱えているからです。

 

関連記事>>職場の陰口についていけない…つらい悪口を気にしない為の対処法とは

 
仮にそういった職場に入ってしまった場合の対策は、綺麗ごとを抜きにして言うと「どこかの派閥(グループ)に入ってしまう事」です。

 
「派閥」というと嫌な顔をする方が必ずいると思います。

 
ただこういったいじめや陰口は多くの場合が仕事において権力を持っている人物か、もしくは同じ考えを持つ数人のグループが誰かを標的にするという形で行われています。

 
ここで標的にされない為には、不本意かもしれませんが仕事と割り切って自分の立ち位置をきちんと決めておく必要があるんですね。

 
簡単に言うと「誰と仲良くするのか」というのを明確化しておくという事です。

【Point!】グループに入り仲良くする相手を明確にしておく

 
何故かというと「誰の味方なのか態度がはっきりしない人」が標的になることが非常に多いからです。

 
これにはきちんとした理由があり、人間は少なからず「この人は私の味方だろうか?それとも敵だろうか?」という考えを持って人に接するからです。

 
実際に大企業で出世競争にもまれている人たちは、日々こういったことを考えるのが当たり前とされています。

 
逆にやらない方が良い事は相手を持ち上げすぎることです。

 
相手をおだてて気持ちよくさせるという意味で「よいしょ」なんて言われたりもしますが、これはやめておきましょう。

 
一番無難に立ち回れそうな作戦ですが、なかにはお世辞と本音を判断できない人もいるので相手を勘違いさせてしまう原因にもなります。

 
個人的には過去に「よいしょ」をして良いことは何一つなかったですね。

 
相手の人間性を確認するために、お世辞を真に受けて調子に乗るかどうか試す意味でやるならアリだと思います。

【Point!】相手を持ち上げすぎると面倒なことも多い

 
本当であれば「職場の同僚とプライベートで交流を持つこと」などを提案したかったんです。

 
ただ経験則としていじめや陰口を叩くような人間には、ほとんどと言っていいほど効果が無いため省略しました。

 
ひとつ覚えておいてください。

 
人としておかしな言動を繰り返す人には、優しくしても贈り物をしても無駄になる場合がほとんどです。

 
それに加えて、まともに人間関係を構築できない人が圧倒的に多いですからね。

 
「とにかく人に優しく接すれば報われる」的な自己啓発本をお持ちの方は騙されないように。

 
そんなの相手にとってはただのカモですから。

人間不信を克服する為の3つの方法

人間不信を克服したい人

  1. 自分自身に原因がないかを一度考えてみる
  2. しっかりと休息を取って精神を安定させる
  3. 思い切って身を置く環境を変えてしまう

①自分自身に原因がないかを一度考えてみる

まず最初に「自分自身に原因がないか」をしっかり考えてみましょう。

 
例えば何度も同じミスをして上司や同僚を困らせたり、接してくれる人に失礼な態度を取ったりしていませんか?

 
これはあなたを疑っている訳ではありません。

 
ただ、実際 「無意識のうちに相手の気に障るようなことをしてしまっていた」というのは良くある話なんです。

 
このようなことを普段から繰り返していて改善されない場合は、冷ややかな目で見られたり嫌われてしまう可能性は高いはずです。

 
大人になると何でも注意・指摘してもらえる訳ではないため、自分で気付き改善していく姿勢が必要ですよ。

 
今やっている仕事が自分に向いていないと感じている人には、「自分に向いている仕事がわからない時の考え方と対処法」という記事が参考になるかもしれません。

②しっかりと休息を取って精神を安定させる

普段の自分の言動に原因がないかを考えた上で、問題が無いようなら精神的に疲れている可能性があります。

 
精神的に疲弊しているときは余裕がないため、小さなことでも「自分が嫌がらせを受けている」と思い込んでしまう可能性がありますからね。

 
いわゆる「被害妄想」というものに近い状態です。

 
精神的な疲れは適切な睡眠時間と、心身をリラックスさせることによって解消することが出来ます。

 
試しに1日8時間以上の十分な睡眠を何日かとってみるだけでも、気持ちの面で前向きになれるのを実感できますよ。

 
「職場のことばかり考えてしまって、気持ちの切り替えがうまく出来ない」という人は下記の記事を読んでみて下さい。
 

関連記事>>仕事のことが頭から離れない人必見!メリハリのある休日を過ごす方法

③思い切って身を置く環境を変えてしまう

あなた自身に原因がなく、精神的にも疲れていないのに人間不信の症状がなくならない場合は、 今いる職場自体に問題があると思って下さい。

 
つまり、あなたは悪くないということです。

 
ごく少数ですが自分がストレスを抱え込んでいて、常にそのはけ口を探している人がいる職場というのは存在します。

 
こういった自分以外の要因で悩まされている場合は、リセットの意味も込めて今の環境から脱出を考えるのもいいと思います。

 
自分に非が無いのに苦しい思いをするのはつらいですし、解決する手立てがないまま苦しみ続けるのは貴重な人生の無駄とも考えられるからです。

 
つまり、”見切りをつける”という事ですね。「損切り」と言ってもいいかもしれません。

 
大げさに聞こえるかもしれませんが、控えめに言っても職場環境と言うのは人生の質に影響しますよ。

 
トータルで見ると少しくらい給料が下がっても、穏やかに毎日を過ごせるほうが幸せだったりしますからね。

 
自分の健康や幸せを考えた場合、何が一番大事なのかを考えて行動しましょう。

モラルの低い会社かどうかを見極める

職場の人間が信用できない…なんて言うと「仕事はそんなもの」「割り切るしかない」とお決まりのフレーズで切り替えしてくる人がほとんどです。

 
あなたも誰かに相談して同じように切り返されたかもしれません。

 
ただ実際に無視や陰口など、いじめに近い行為をされて「割り切るしかない」と言われても納得できる人の方が少ないですよね?

 
どんなにメンタルの強い人でも、信用できない人たちに囲まれて毎日を過ごせば心も休まらず不安でたまらないはずです。

 
職場で感じる不信感には、自分に原因がある場合や単なる考え過ぎのことももちろんあります。

 
ただ、”実は本当にダメな職場に入ってしまっただけ”という事がほとんどです。

 
そういう職場に当たってしまった場合、その場所にいながら人間不信を克服することは極めて困難だと思って下さい。

 
これは職場の人間を信用できない理由が環境的な要因にあるからです。(つまり職場が悪い)

 
こういった職場の問題は入社する前には分かりずらいものですが、事前に企業をきちんと調べることによって対策することは可能です。

 
また今の様な会社に入って同じ思いをしたくない人は、会社の選び方だけは絶対に間違えないで下さいね。

この記事がお役に立ちましたら、シェアしていただけると励みになります。