年間休日107日は少ない?多い?年末年始や祝日、休みの内訳を考察

年間休日107日の人達
  • 年間休日107日の仕事が気になっている…
  • 107日だと少ないのか多いのかイメージが沸かない…
  • 年間の休みが107日だと内訳はどうなるの?

 
年間の休みが107日の仕事に対して、こうした疑問を持っている方は少なくないと思います。

 
実際、年間休日107日だと少なすぎる訳でもなく、かと言って多いかというと非常に微妙なラインなので見極めが難しいですよね。

 
一般的な年間休日の平均値が120日と言われているため、純粋な日数だけで見れば”少し少ないかな?”くらいが正直な感想だと思います。

 
恐らく他に気になる休みの多い企業と比べ、迷ってしまっている方も多いでしょう。

 
この記事では、年間休日107日が多いのか少ないのか?また年末年始や祝日など休みの内訳について解説していきたいと思います。

年間休日107日の内訳

年間休日107日のイメージ

では早速、年間休日107日の内訳から見ていきましょう。

 
業種などによっても異なりますが、年間休日107日の場合は日曜・祝日がお休みで土曜日が隔週で出勤になるような方が多いと思います。

 
他にも週休二日で年末年始に2、3日の休みが入るようなパターンも考えられますが、これは少し極端なので最初の例で説明していきますね。

 
まず1年間は52週で成り立っているため、日曜が休みであれば年間で52日の休みとなり、これに隔週土曜日(2週に1回は出勤)休みだと年間で半分の26日になります。

 
この時点では107日にまだまだ及ばないのが分かりますね。

日曜(52日)+隔週土曜(26日)+祝日(17日)=78日(年間休日)

 
冒頭で週2日休みと仮定しなかったのは、週休2日だとそれだけで年間休日104日になってしまうからです。

 
年間休日107日の場合、それだと年末年始や祝日がほとんど休めない計算になってしまうのでちょっと現実的ではないですよね。

 
少し話がそれましたが、次は上記の計算で出した年間休日78日に、祝日と年末年始・休暇を足していきましょう。

日曜(52日)+隔週土曜(26日)+祝日(17日)+休暇(12日)=107日(年間休日)

 
祝日に関しては2002年~2009年の年間平均値が17日とされているため17日として、年末年始や夏季休暇、ゴールデンウィークを合計して12日と計算しています。

 
休暇に関していえば、年末年始や夏季休暇・ゴールデンウィークが4日ずつ分配されるようなイメージですね。

 
もちろん業界や業種によってこの計算式は変わってきますが、バランスよく内訳を算出しようとすると上記の様な形が一般的になります。

 
会社によっても様々ですが、年間休日107日であれば大体下記の様なイメージと考えていいでしょう。

年間休日87日の内訳

  • 日曜日・・・52日
  • 土曜日・・・26日
  • 祝祭日・・・17日
  • 休暇等・・・12日

 
合計・・・107日

年間休日120日には僅かに届かない

年間休日107日では、一般的な休日日数とされている年間休日120日には届きません。

 
この年間休日120日が一般的とされるようになった理由は、カレンダー通りに土日・祝日が休めると、年間で120日前後になることからきています。

 
ここでは参考までに、年間休日120日の内訳を見ていきましょう。

日曜(52日)+土曜(52日)+祝日(17日)=121日(年間休日)

 
基本的にカレンダー通りの休みを貰える会社であれば、年末年始や夏季休暇なども取れることが多いため、実際はもう少しお休みが多いはずです。

 
とはいえ純粋な休日数で言えば14日ほどしか差がないため、「あまり変わらないのでは?」と考える方も多いでしょう。

 
ただ年間休日120日の会社は労働環境がいいため、有給まできちんと消化させてくれる会社が多いんです。

 
これがカレンダー通りに休めない会社だと、有給がきちんと取れなかったりします。

 
そう考えると、単純に14日だけの差とは言えなくなってきますよね。

有給を使えるかどうかがポイント

ひとつ前の項目で触れましたが、カレンダー通りに休める年間休日120日の会社は、休日に関してきちんと整備されている場合が多いです。

 
この”整備”というのが何を指すかと言うと、「有給」「お盆休み」「年末年始の休暇」など会社によっては取得できない休みを、きちんと網羅しているという事です。

 
優良企業という言葉が適切かどうかは分かりませんが、年間休日120日の会社は労働環境的にもかなりきちんとしている印象です。

 
なので年間休日107日と120日では、日数的には14日ほどの差しかありませんが全体で見た時に差が出る可能性があります。

 
ここで重要なのが「有給が取れるかどうか」でしょう。

 
年間休日120日の会社ではご説明したとおり、有給もきちんと消化させてくれる可能性が非常に高いです。

 
対して年間休日107日の場合は有給の内容も会社によって様々。

 
年間休日としては14日の差であっても、有給を使えなければ結果としてさらに10~20日程度の差が出てしまいます。

祝日や年末年始の休みは期待できる

会社にもよりますが労働環境が悪いと言われている会社に比べると、祝日や年末年始の休みは期待できると言えるでしょう。

 
これは年間休日の内訳を計算した時にもご説明しましたが、そうでないと107日の計算が合わないからです。

 
祝日に関しては職種などによっても変わるため一概に言えませんが、最低でも年末年始や夏季休暇などは期待できると思っていいでしょう。

 
この辺りは求人情報に詳細が載っている場合もありますが、年間休日だけ記載されていて細かい説明が無い場合は、遠慮せずに企業側へ確認してもいいと思います。

 
日本では企業へ応募する際に「給与や休日は聞いてはいけない」と言った風潮がありますが、求人情報に平気で嘘を載せる会社も多いためです。

 
さすがに給料に関して細かく聞きすぎるのは微妙かもしれませんが、休日に関しては「事前に得られる情報で不明な点があった」と前置きすれば、特に問題視されることもありません。

 
むしろその会社に長く務めることを考えれば、事前に確認しておくのは当然と言えるので確認してみましょう。

年間休日107日は決して少なくはないが平均以下

この記事で解説してきた通り、年間休日107日は決して少なくはありませんが、やはり年間休日120日の仕事と比べると見劣りします。

 
単純な年間休日の日数で言えば14日程度の差ですが、年間休日120日の会社は有給などもしっかりしていることが多いため、総合的に見るとそれ以上の差が出てしまうこともあるからです。

 
本来、仕事は年間の休日日数だけで決めるものではないため、休日の数だけにこだわる必要はありません。

 
休日が少なくてもやりがいのある仕事であったり、夢がある仕事であれば結果的に充実した生活を送ることが出来るからです。

 
ただ年齢を重ねた時の自分の体力や、家族との時間など将来的な事を考えるのであれば、やはり年間休日120日の仕事の方がいいと言えるでしょう。

 
仕事を決めるのにまだ余裕がある方は、将来を考えた長期的な目線で考えてみることをおすすめします。

 
人生において何を優先させるかで答えは変わってきますが、長い目で見た時に自分が納得できるような会社選びをしましょう。

この記事がお役に立ちましたら、シェアしていただけると励みになります。