年間休日87日って少ない?違法?仕事として選ぶ際の考え方について

年間休日87日で働く人達
  • 「年間休日87日」の求人に応募しようか迷っている…
  • 休日としては少ない気がするし違法なんじゃないか?
  • やりがいがあっても休みが少ない仕事は良くない?

 
年間休日87日の求人が気になってしまい、こういった疑問を持つ人は多いと思います。

 
実際に仕事の内容や残業時間にもよりますが、休日の日数だけで見ると年間休日87日は非常に少ない部類です。

 
一般的な会社員の年間休日は120日前後と言われており、ほぼカレンダー通りに休めることからも、87日という日数がいかに少ないかが分かりますね。

 
それでも仕事内容に魅力を感じてしまうと、年間休日87日の内訳や実態など様々な事が気になってくると思います。

 
この記事ではそんな方のために、年間休日87日の実態と仕事として選ぶ際の考え方について解説していきたいと思います。

年間休日数87日はやはり少ないのか?

年間休日87日の日数分配

では一番気になる「年間休日の内訳」について見ていきましょう。

 
まず、大体多いであろう休日の条件で説明してしまうと、日曜定休の土曜日隔週出勤という方が多いと思います。

 
この理由としては1年間が52週で構成されているため、週1日の休みがあれば年間で52日休み、隔週の土曜日はその半分の26日と計算できるからです。

 
※ちなみにこの計算だと土日が完全休みの場合では、年間休日が104日になります。

日曜(52日)+隔週土曜(26日)=78日(年間休日)

 
そして恐らくですが、祝祭日が全て休みということは無いでしょう。

 
というのも、祝日は2002年~2009年の間の平均値を計算すると年間で約17日という数字が出るからです。

 
この数字を先ほど計算した年間休日に丸々足してしまうと、年間休日87日を軽くオーバーしてしまうのが分かると思います。

日曜(52日)+隔週土曜(26日)+祝日(17日)=95日(年間休日)

 
この点から考えると、年末年始や夏季休暇などが数日ずつ貰えるパターンの方が多いですね。

 
例えば、年末年始に3日・夏季休暇に3日・ゴールデンウィークに3日休みが貰えるような形が想像しやすいと言えます。

日曜(52日)+隔週土曜(26日)+各種休暇の合計(9日)=87日(年間休日)

 
もちろん会社によってこの辺りの数字は異なりますが、年間休日87日の会社だとほとんどの場合が日曜休み・隔週土用休みをベースに、上記の様な形を取っています。

 
様々な会社がある以上あくまで過程にはなりますが、年間休日87日であれば大体下記の様なイメージで考えておけば、大きく外れることはありません。

年間休日87日の内訳

  • 日曜日・・・52日
  • 土曜日・・・26日
  • 休暇等・・・9日

 
合計・・・87日

年間休日120日の人との差は大きい

年間休日というと「120日」という数字が一般的とされています。

 
あまり休日を気にされたことがない人でも、一度は聞いたことがあるという人も多いかもしれません。

 
その理由としては、土曜・日曜・祝日のいわゆる”カレンダー通り”に休めた場合の合計日数が、大体120日前後になるからなんですね。

 
下記は年間休日120日の大まかなイメージです。

日曜(52日)+土曜(52日)+祝日(17日)=121日(年間休日)

 
これだけ休める会社であれば、年末年始や夏季休暇なども休めるでしょうから、実際にはもう少し休みがあるはずです。

 
このようにカレンダー通りに休めてしまう年間休日120日と比べると、年間休日87日はかなり少なく感じてしまうでしょう。

 
単純に計算して33日間も差があるため、年間休日120日の人と比べると年間で約1ヵ月ほど休みが少ない計算になってしまいます。

 
「気にしない」という方もいるかもしれませんが、年間で30日の差は肉体的な負担を考えても大きいと言えるでしょう。

年間休日数87日では違法にならない

「年間休日数87日だと違法にならないのか?」という疑問を持たれる方もいると思いますが、年間休日数87日では違法になりません。

 
何故かと言うと労働基準法で定められている休日数は週1日、もしくは月4日の休日であるためです。

 
年間で87日休みがあれば、週1日・月4日の基準はクリアできているので法律的に違法ではないと言えますね。

【!】法律上は週に1日以上・月4日の休みがあれば問題ない

 
ただ年間休日数87日であっても、残業代が出ない場合は違法になるので注意が必要です。

 
少し話は逸れますが、みなし残業代など一定額の手当てが無い状態で残業代が支払われないのは違法なので覚えておきましょう。

休みが少ない仕事に就くのは問題なのか?

年間休日の話題になると、休みが少ない仕事に就くのは問題なのか?という疑問を持つ方もいると思います。

 
結論から言ってしまえば、休みが少ない仕事に就いても何も問題は無いでしょう。

 
これは、仕事を探す際の基準が休日だけとは限らないからです。

 
たとえ年間休日が87日であっても、仕事へのやりがいを感じて応募するのであれば、その人にとってその仕事は価値のある仕事です。

 
実際に、休みが充実していても仕事にやりがいや面白みを見いだせず、仕事を辞める人も多いですよね。

 
ただ応募するからには、カレンダー通りに休める人との差や将来的な体への負担など、先々のことまで考えた上で行動するほうがいいと言えます。

 
例えば若い時は休みが少なくても切り抜けられますが、40代・50代になった時も同じように働かなくてはいけません。

 
また家庭を持って子供が生まれた時に、家族との時間を確保するのが難しいと感じることもあるでしょう。

 
こういった将来感じるであろう不安や不満に対して、自分の中で納得できているのであれば、応募しても後悔はしないはずです。

「休日」が最優先なら休みの多い仕事へ

この記事で解説してきた通り、年間休日87日は休日としてはかなり少ない部類に入ります。

 
それでも残業が少ない仕事であったり、やりがいを感じる仕事であれば、総合的に見て「良い仕事」と考えることは出来ますよね。

 
ただ仕事を決めるにあたって「休日」を最優先に考える方は、素直に休みの多い仕事にした方がいいでしょう。

 
事実としてカレンダー通りに休める人とは年間で30日間ほど差がありますし、土日休みの人の様に簡単に連休が取れる訳ではありません。

 
長く務めることを考えるのであれば、将来体力が衰えた時に辛いのは目に見えています。

 
そういったマイナス要素を感じさせない様な魅力を仕事に感じなければ、年間休日87日の仕事は長く務まりません。

 
仕事探しに余裕があるのであれば、こういった将来的なことまで考えた上で判断することをおすすめします。

この記事がお役に立ちましたら、シェアしていただけると励みになります。