ダブルワークしないと生活できないなら副業が正解?最新副業7選!

ダブルワークしないとお金が無い人

今の時代、ダブルワークしないと生活できないって人が本当に多いんですよ。

 
毎月の家賃はもちろん飲食代や洋服代、通信費に加えて女性はコスメ代までかかりますからね…

 
せっかく頑張って正社員になっても、所得が低いと生活費が足りなくなるなんてことが普通に起こるわけです。

 
そうなると当然「空いてる時間に少しでもお金を稼きたい」と、いわゆる”副業”に関心を示すと思いますがちょっと待った。

 
ここで安易に時給制のバイトなんてしたら、体壊して本業に支障が出る可能性大ですよ?

 
副業をやる場合に最も重要なのは、「自分の都合で出来て、かつ本業に支障が出ないこと。」これに尽きます。

 
せっかく所得が増えても、ストレスに悩まされたり長続きしなかったら元も子もないですからね。

 
この記事ではそんな「自分の都合で無理なく出来る、サラリーマンに最適な副業」を紹介していきます。

サラリーマンが無理なく出来る副業7選

①クラウドソーシング

自分の時間を上手く使って稼ぐ手段として、一番メジャーなのが「クラウドソーシング」です。

 
クラウドソーシングとは副業で行う場合、インターネットを使い在宅で仕事を受注することだと思って下さい。

 
つまり「データ入力をしてほしい」「イラストを作ってほしい」などと考え、発注先を探している依頼主から仕事を受けるんですね。

 
具体的な仕事の内容としてはデータ入力やイラスト制作、音声の文字起こしなど幅広く特別なスキルが無くても出来る仕事も多いです。

 
デザインやプログラミングなどPCを使ったスキルが高い人の場合は、需要も高いので高額の報酬を狙うことも十分可能ですよ。本業超える人もいるかも?

 
仕事を受ければ当然締め切りはありますが、何より自宅で通勤の手間なく好きな時間に取り組めるのが特徴と言えます。

 
こういったクラウドソーシングを扱っているサイトはいくつかありますが、興味のある人は「クラウドワークス」という大手のサイトが分かりやすいですよ。

在宅で副業できるクラウドワークス

②アンケートサイト

アンケートサイトとはちょっとしたアンケートに答えるだけでポイントが貰え、それを現金などに交換できる仕組みのことです。

 
「いったい何のアンケート?」と怪しく思う人もいるかもしれませんが、こういったアンケートは企業が製品やサービスを作るためのリサーチとして行っていることも多いんですよね。

 
そもそも怪しいものは企業も安易に扱えませんから、その辺りは過度に心配する必要はありません。

 
実際にポイントを稼ぐにはアンケートにいくつか回答していく必要がありますが、スマホでちょっとした隙間時間を使って作業が出来るので、空き時間を有効活用できます。

 
なんならお風呂上りとかのちょっとした時間でもOKな訳ですよね。

 
また溜まったポイントの交換先は現金やT-POINT、ギフトカードなど幅広いため使い道に悩むこともありません。

 
興味があるという人は、個人情報の管理体制も整っていて安心できる「マクロミル」というアンケートサイトがおすすめですよ。

アンケートに答えてポイントがもらえるマクロミル

③健康食品の開発モニター

次は健康食品の開発モニターです。

 
これは簡単に言うと新しく作られた食品や化粧品などを試し、試験の結果(データ)を提出するお仕事なんですね。

 
もう少し踏み込んで説明すると、例えば新製品のヨーグルトを試食しその後の腸の状態を検査するといった具合です。

 
似たような類のもので”治験”というものがありますが、あれは新薬開発のためのものなのでまた別モノと考えて下さい。

 
そもそも治験は薬剤を体に直接投与するので正直怖いですよね…(え?僕だけ?)

 
それに比べると健康食品の開発モニターは、大手メーカーが開発中の食品や化粧品を試すだけなので心理的負担が違います。

 
もちろん終了後にはきちんと謝礼も受け取れるので、「エル・スマイル ボランティア会」というサイトを参考にしてみて下さい。

食品臨床試験モニターのエル・スマイル ボランティア会

④自分の知識や能力を売る

そろそろ読むのに疲れてきた頃かもしれませんが、次は「自分の知識や能力を売る」です。

 
これだと漠然としていてイメージつきずらいですかね。

 
簡単に言うと「タイムチケット」というサービスを利用すると、あなたが持っている知識や特技を必要としている人に販売することが出来るんです。

 
例えば恋愛上級者の人(何それ)なら「意中の相手と仲良くなる方法」を教えたり、写真撮影が得意な方ならプロフィール写真を撮ってあげたりできますよね。

 
これを例えば1時間3,000円とか、自分で値付けして販売する訳です。

 
どんなにマニアックな内容でも購入者さえいれば対価として報酬を獲得することが可能なので、需要さえあれば結果も期待できますよ。

 
大抵の人が自分の知識や能力を売るのは苦にならないので、「あの知識、もしかしたら売れるかも?」という方はとりあえず「タイムチケット」へ。

タイムチケットで自分の時間を売る

⑤不用品の販売・転売

今の時代、誰もが知っているほどメジャーな存在となった転売。

 
単純に自分が持っている不用品を販売してもお金になりますが、商品を安く仕入れ利益を載せて販売することで立派な副業として成立します。

 
昔から転売サイトの代表的な存在である「ヤフオク」から、個人売買の主流になりつつある「メルカリ」まで、昔に比べて選択肢も本当に増えました。(増えすぎ)

 
仕組み自体がそこまで難しくないため、簡単な副業の第一歩としてはおすすめです。

 
こういったサイトを利用して転売を行う場合、重要になってくるのが”商品の仕入れ”や”落札相場の調査”なんですよね。

 
当然ですが高く売れる人気の商品を仕入れたいですし、値付けをする際は落札相場を基準に考えますから。

 
例えば「オークファン」というオークション情報サイトを使うと、希少品の販売を通知してくれたり直近の落札相場も確認もできたりします。

 
真剣に取り組んでみたいという方は、こういったツールも積極的に活用していきましょう。

オークファンで落札相場を確認

⑥ネットショップ開設

ネットショップと聞いて「え?」と思った方もいると思いますが、そう皆さんご存知のネットショップです(2回目)。

 
一昔前までネットショップをやろうとすれば、それなりの技術を持った人に依頼をしてサイトを作成してもらうという動きが主流でした。

 
またこれがお金も労力も非常にかかるものだったんですよね。

 
ただ最近では無料でネットショップを開けるサービスが多数出来たため、インターネット上に個人のお店を構えることが非常に簡単になりました。

 
正直そこまでPCの知識が無い人でも、利用できてしまうくらいに出店のハードルが下がっています。

 
ネットショップは転売とは違い、お客さんが付いて売れ始めるとある程度安定した収入を見込める副業です

 
自分のお店を持つことに興味がある方は、「BASE」というサービスを使うと簡単に始められますよ。

BASEでネットショップを無料開設

⑦結婚相談所の運営

最後は誰も予想しなかったであろう、「結婚相談所」です。

 
ここ数年で「婚活(こんかつ)」という言葉をよく聞くようになりましたが、今では婚活が当たり前のこととして認識されるほど世に広まりましたよね。

 
そういった婚活のサポートをするのが、結婚相談所の役割なんです。

 
結婚相談所といっても特に事務所を構える必要もなく、外出先で月に1回程度会員のカウンセリングを行い、お見合い相手を紹介するのがお仕事。

 
友達同士を引き合わせて交際に発展するケースとかよくあると思いますが、あれをよりしっかりとした仕事にする感じですね。

 
例えば友達の恋愛相談に乗って、ピッタリな相手を探してくるような「世話焼きタイプの人」だとかなり得意かもしれません。

 
何より「結婚」という人生の一大イベントのきっかけを作る仕事なので、沢山のやりがいを感じられるのが他の副業との大きな違いですね。

 
オフィスを構える必要がなく営業時間も自分で決められるため、時間と場所に縛られない生き方を模索している人にもおすすめです。

 
詳しく知りたい人は説明会などもおこなっているので、「日本結婚相談所連盟」で詳細を確認してみて下さい。

結婚相談所で人の役に立つ

一番いいのは本業できちんと稼げること

ここまで7つの副業を紹介しましたが、1番望ましいのは本業で生活に困らないだけの稼ぎを得ることです。

 
給料の低い会社に勤めている人は副業に精を出すのもいいですが、根本的な解決策として「まともに稼げるきちんとした会社を探す」ことも考えましょう。

 
例えば今の会社の給与+副業で月収18万だとしたら、会社の給与だけで18万稼げるところを探した方が正直効率がいいですよね?

 
しかも大抵給与の低い会社は、あなたが年とっても昇給無しで使い倒してきますよ。

 
マゾなら構いませんが、自分と同年代の人たちが時間とお金に余裕ができる頃に安月給はキツイです。

 
今が安月給だからといってそれがイコール「給与のいい仕事に就けない」ということにはなりません。

 
会社に安くこき使われて後悔する前に、きちんと稼げる会社も探しましょう。

 

この記事がお役に立ちましたら、シェアしていただけると励みになります。