既婚者だけど仕事を辞めたい?家族持ちの転職成功に必須な3つの要素

既婚者だけど仕事を辞めたい人
  • 上司から嫌われていて会社で評価されない
  • 会社で孤立してうまくいかなくなった
  • 妻や子供がいるけど仕事を辞めたい…

 
会社でこういった辛い状況になってしまい、「仕事を辞めたい…」と悩んでいる方は多いと思います。

 
独り身であれば自分が思ったままに行動することも難しくありませんが、妻子持ちの場合にはなかなかそうもいきません。

 
ですがそんな責任ある立場であっても、転職を考えてしまうような場面はやってきます。

 
なかには奥さんや子供を不安にさせたくない一心で、”辞めたい気持ち”を誰にも話せずに苦しんでいる人も多い事でしょう。

 
この記事ではそんな「既婚者だけど仕事を辞めたいと感じている人」へ、家族持ちの転職成功に必須な3つの要素について解説していきます。

家族持ちの転職成功に必須な3つの要素

①家族の同意をきちんと得ておく

家族のいる人がやむを得ない理由から転職を考える場合には、まず奥さんの同意を得ることが必要になります。

 
厳密にいえば同意を得なくても辞めることは可能ですが、結婚して家庭を持っている以上事前に相談するのは最低限の「筋」と言えるでしょう。

 
奥さんがいつもあなたの事を気にかけてくれている人であれば、辛そうな雰囲気や異変を察知してくれているかもしれません。

 
今後も家庭円満を望むのであれば、この際勇気を出して正直に現状を話してみましょう。

 
もちろん大手に勤めていて年収や待遇に恵まれている方であれば、嫁ブロックもされるでしょうし周りからそれなりの反対意見ももらうでしょう。

 
ですがきちんとした奥さんなら、あなたが体を壊したり病気になってしまう事も考慮して、それなりに折り合いをつけようとしてくれるはずです。

 
自分が苦しい状態にあると、どうしても反対されることばかりを考えてしまいますが、意外と「なんとかなるよ」と背中を押してくれるものです。

②貯金の額を計算し最低限必要なお金を把握しておく

次に大事なのは貯金を計算して必要なお金を把握することです。

 
仕事を辞めれば収入は絶たれてしまいますが、家賃や光熱費・税金などの支出は無くなりませんよね。

 
こんな時の為に失業保険がありますが、自己都合の場合は3ヶ月後からの給付が基本となる為、それまでは「無収入」になってしまうでしょう。

 
こういった無収入の間、あなたの貯金でどのくらい生活していけるかを計算しておきます。

 
そうして「無収入で何カ月やっていけるのか」が明確になれば、あなたが計画的に転職活動に専念できるのはもちろん、奥さんや家族のお金に対する不安も軽減されます。

 
このお金の計算は、出来れば奥さんに相談する前にやっておくことで、転職の良い説得材料にも出来るかもしれません。

 
ただ出来れば確実性の低い綱渡り的な転職は避けたいですよね。

 
そうならない為の方法を次の項目で見ていきましょう。

③在職中に働きながら転職活動を行う

仕事を辞めたい気持ちが先行してしまうと、どうしても「出来るだけ早く辞めたい」という気持ちになってしまいがちです。

 
実際にすぐに辞めてしまえるのであれば、精神的な負担からも解放されてあなたも楽になれるでしょう。

 
ですが家族を不安にさせたりお金の心配をしない為にも、在職中に転職先を探すというやり方が一番安全です。

 
「取り敢えず仕事を辞めてからの方がじっくり転職先を探せるのに」と思う方もいると思いますが、転職の場合は十分に時間をかけたからと言って良い会社と巡り合えるわけではありません。

 
タイミングなどの運も必要とされるからです。

 
あまり運に恵まれずに無職期間が延びてしまっては、あなたも家族も不安にさらされることになってしまうでしょう。

 
ですが在職中に転職先を見つける事が出来れば、家族を不安にさせることもありませんしお金の心配もいりません。

 
現在の生活は変えずに、仕事だけ変えられるのがあなたにも家族にとっても理想ですよね。

 
「でも仕事が忙しくて時間がない」という方は、転職サイトなど使えるものはすべて使って求人情報を集めることで、忙しい中でも転職活動を有利に進めることが出来ます。

転職活動は絶対に焦らず慎重にすること

独身の時の就職活動とは違い、家族がいる方の転職活動は家族の生活がかかっている分より慎重に行う必要があります。

 
せっかく今の職場から転職できても、残業の多い会社や待遇が悪い会社に入ってしまうと今度は別の理由で転職をしたくなってしまうからです。

 
こうなってしまわないように条件面の調査や会社の将来性、自分の強みを生かせるかどうかなど様々な点から会社を見て判断していきましょう。

 
そのためには「次の会社で一生働く」くらいの気持ちで、真剣に情報収集にあたる事です。

 
転職先が見つからない事に焦ってしまい、条件の良くない会社に妥協して入ってしまわないように気を付けましょう。

 
そのためには、やはり在職中の転職活動が最もリスクを少なくできると思います。

それでも今すぐ辞めたい人は最大限の努力を

この記事では、なるべくリスクを少なくしながら確実に転職できる方法を書いてきましたが、それでも「今すぐ辞めたい!」という方はいるでしょう。

 
精神的に参っている人や、健康状態が著しく悪い場合はそれも仕方がないかもしれません。

 
収入が途絶えてしまう事で転職のリスクは上がってしまいますが、失業手当と貯蓄をあてにできるのであれば、しばらくは生活していけるでしょう。

 
ただ在職中に転職活動を行う事に比べると心配事も多くなるので、「自分が家族を養っていくんだ」という気持ちをしっかり持って、最大限努力することをおすすめします。

この記事がお役に立ちましたら、シェアしていただけると励みになります。