零細企業とは?中小零細企業との違いやその具体的な定義について

零細企業と中小零細企業の違いや定義

零細企業の定義

一般的に言われている「零細企業」とは、中小企業のなかでも際立って規模が小さい企業のことを指し、行政機関による正式名称としては「小規模企業者」とされています。

 
このように行政機関の方で別の正式名称を出しているということから、「零細企業」という言葉自体は規模が小さく体力のない会社を表した造語として受け取ることも出来ます。

 
また、一般的に「零細企業」という言葉は良い意味で受け取られない事の方が多いため、積極的に使用する言葉ではありません。

 
零細企業の具体的な定義の仕方としては具体的に以下の通りです。
 

業種 従業員の数
製造業・その他 従業員20人以下
卸売業・小売業・サービス業 従業員5人以下

 
零細企業は、定義として一定の資本金額も必要とされる中小企業とは違い、従業員数のみで定義されているのが特徴です。

 
※小規模事業者支援法、中小企業信用保険、小規模企業共済法の3法については、政令により宿泊業および娯楽業を営む従業員が20人以下の事業者を小規模事業者としている。

参考:中小企業・小規模企業者の定義 – 中小企業庁

中小零細企業とは

中小零細企業とは、大企業とそれ以外の小規模な企業を区別するために、後者をまとめて一括りにした総称(呼び方)です。

 
そのため、零細企業や中小企業のように明確な基準をもとに設定された呼称とは性質が異なります。

零細企業に勤めるメリット

年齢や経験を問わず活躍できる機会がある

零細企業では社員の数が少なく、常に数多くの仕事をこなしていく必要があるため必然的に活躍できる機会に恵まれます。

 
業務量は多くなりますが人数が少ないことで、自然と一人あたりの仕事の重要性も高くなり、仕事をしているという実感や充実感を得やすいのが特徴です。

 
また、大きな会社との決定的は違いは、会社というものが一体どのように成り立っているのかを間近で学べる点や、会社が大きくなっていく過程をリアルタイムで体験出来るといった「経験」になります。

 
積極的に仕事をするのが苦手な人にとっては居ずらい環境かもしれませんが、自発的に働けるタイプの人にとってはプラスの環境になる可能性が十分にあります。

零細企業に勤めるデメリット

福利厚生や給与などの待遇に期待できない

零細企業の一番のデメリットは給料などを中心とした待遇面です。
 
資金的な余裕の無い企業では福利厚生や残業代が十分では無かったり、給与自体が一般的な水準よりも低いといった事が起こり得ます。

 
給与や労働時間などの環境をきちんと整備出来ている会社はいいですが、それが不十分な場合には長時間の残業など、労働と対価のバランスが取れない場合もあるでしょう。

 
また、一番のネックになってしまうのが従業員の教育をする余裕がないという点です。

 
大きい企業ではビジネスマナーや新しい知識など、研修や勉強会によって学ぶことができますが、これが資金や人員の乏しい企業では目の前の仕事に追われるために出来ません。

 
ほとんどが実践を通して学んでいくことになりますが、個人的にも学んでいく姿勢を持たなければ同年代のビジネスパーソンよりもスキル不足に陥ってしまう可能性があります。

零細企業の求人を見かけたら思い出して欲しいこと

最後に、すべての零細企業に当てはまるとは限りませんが、零細企業の求人を見かけたときに判断の基準になるまとめを作成しました。

 
企業には実際に入ってみないと分からないので、この通りではないかもしれませんが参考にしていただければと思います。

零細企業で得られるもの

  • 仕事に対する責任感や充実感
  • 会社の仕組みを間近で学べる
  • 会社が大きくなるのを体感できる

零細企業で期待できないもの

  • 福利厚生・残業代・給与・労働時間
  • 社員に対する教育環境
  • 会社が大きくなるのを体感できる

 
自発的に仕事をする人で、大きな会社ではできない経験や充実感を味わいたい方に適していますが、どちらかというと言われた仕事をこなす派で、一般的な水準の給与や待遇を優先する方にはあまり適していません。

この記事がお役に立ちましたら、シェアしていただけると励みになります。