地元に帰りたい!地元でもう一度やり直したい人が転職する為の手引き

地元に帰りたい人
  • 急に家族の事が気になり親孝行したくなった
  • 都会で就職したけど地元に帰って転職したい
  • もう一度地元に戻ってやり直すにはどうしたらいい?

 
仕事や自分の生き方について深く悩み、こういった悩みを抱えている方は多いと思います。

 
知り合いのいない都会に出てきた人であれば、頼れる人がいなかったり方言も話せず、孤独な毎日を過ごすこともあるでしょう。

 
そんな時に、何気なく言葉をかけてくれる親や地元の友達の声を聞くと「地元に戻りたい」という気持ちが芽生えてきます。

 
実際に「Uターン転職」という言葉があるほど、生まれ育った土地に戻り新しい生活を始める人は少なくありません。

 
ただ現実問題として、仕事の事も含め「地元に戻ってやっていけるのか?」と言う疑問を持たれる方は多いですよね。

 
この記事ではそんな人の為に、地元でもう一度やり直したい人が転職する際の手引きについて解説していきたいと思います。

地元に帰って転職するメリット

プレッシャーから解放され生活環境が良くなる

地元に帰って転職するメリットとして、一番に挙げられるのは生活環境が良くなる事です。

 
仕事や人間関係で抱えていた様々なストレスから解放され、慣れ親しんだ土地の空気が昔の様な自分らしさを取り戻させてくれます。

 
ゆったりとした環境で伸び伸びと働くことが出来れば、生活の満足度も自然と上がってくるでしょう。

孤独を感じることが少なくなる

地元へ帰って生活していると、いつも誰かがそばにいてくれます。

 
何か辛いことがあったり、悩み事があったとしても家族や友人がそばにいてくれるという安心感は何ものにも代えがたいですよね。

 
腹の探り合いや、うわべだけの付き合いとは無縁になるため精神面の安定にも作用します。

親孝行できるチャンスが常にある

地元に帰れば家族がいつもそばにいるため、親孝行のチャンスが無限にあります。

 
「孝行のしたい時分に親はなし」という、ことわざがあるくらい親孝行が出来ない人は多いものですが、地元に帰ることで早くから親孝行をしてあげられます。

 
特にご両親と仲の良い方にとっては、日頃から力仕事を手伝ってあげたりお祝いをしてあげることが出来るため、後々になって後悔することがなくなります。

地元に帰って転職するデメリット

給料などの待遇は下がる可能性がある

首都圏などの大きい会社で働いてきた人からすると、地元の会社の待遇は見劣りすることの方が多いです。

 
生まれ育った町の大きさにもよりますが、給与面に関してはある程度下がることを覚悟しておいた方がいいでしょう。

 
都会に比べれば家賃が安くなる可能性はありますが、もし収入が減るのであればお金の管理は今まで以上に厳しくする必要があります。

 
給与の面が気になるのであれば、地元から近い都市部の仕事を探してみるのもいいでしょう。

 
この辺りは地元の大きさや、実家に住むのかどうかによっても異なってくるため個人差がありますね。

新しい出会いは少なくなる可能性がある

限られたコミュニティのなかでは人間関係もある程度固定されてしまうため、新しい出会いに関しては自然と少なくなります。

 
それが「心地よさ」と言ってしまえばそれまでですが、刺激を受けたり自分の価値観を変えてくれるような出会いが無い分、退屈に感じてしまう部分もあります。

場所によっては求人が少ないこともある

地元の規模にもよりますが、田舎になればなるほど求人の数は少ないです。

 
ただあなたの地元がそれほど田舎ではなく、都市部であれば求人の数もそこまで少なくないでしょう。(個人の環境によるので断定は出来ませんが)

 
また田舎の求人の場合は、オフィスワークなどよりも飲食店や介護などの仕事の割合が多いため、そういった特徴を把握しておくことも大事です。

 
基本的に町の規模と仕事の数は比例していることが多いので、自分の地元がどれくらい発展しているかが重要になってきます。

 
先ほども少し触れましたが、地元が田舎である場合は給与や職種に不安がある場合は、比較的近い位置にある都市部の求人を探してみましょう。

地元の近くで仕事を探す方法

求人雑誌や折り込みチラシ

都市部であれば駅やコンビニなどに無料の求人誌がおいてありますし、実家にチラシが入っていることも多いと思います。

 
そういった求人にはアルバイトなども多いと思いますが、大体の給料相場を知る手掛かりにもなりますし、近場の求人にどんな職種があるのかも分かるので参考になります。

ハローワーク

さすがに地元のハローワークに何度も通うのは難しいですが、ハローワークインターネットサービスを使うことで求人の閲覧が可能です。

 
ただ全ての求人が載っている訳ではなかったり、使用には実際にハローワークに出向く必要があったりと制限があったりします。

 
もし地元で時間を作れるのなら、使ってみてもいいかもしれませんね。

転職サイトを使う

転職サイトでは、インターネットを使って全国の求人を調べることが出来ます。

 
地方であれば求人数は少なくなるかもしれませんが、特定の地域に限らず広範囲にわたって求人情報を閲覧できるため、地元から近くの都市部までカバーしてくれます。

 
面倒な操作もなく無料で使えるので、ちょっと求人情報を見てみたいと思った時には便利ですね。

転職エージェントへ相談する

転職エージェントはあなたのキャリアや、応募する企業などを一緒に考えてくれるサポーターの様な存在です。

 
通常はブラック企業などを避けながら、希望の会社を探したい場合などによく使われているサービスです。

 
企業の紹介はもちろん、入社するまでサポートも受けられるので仕事をしながら転職をされる方には助かると思います。

親せきや友人などからの紹介

地元の人たちと交流があるのであれば、古くからの親戚や友人に仕事の紹介を受ける手もありますね。

 
それが希望の職種になるかは別として、もし運よく空きがあれば仕事を紹介してもらえる可能性もゼロではありません。

 
旧知の仲であれば、会社で悪い待遇にされることも少ないでしょうし、そういう意味では安心できる選択肢かもしれません。

簡単に仕事を辞めず、よく考えて行動すること

慣れ親しんだ地元に戻って働くことは、誰もが1度は考えるものです。

 
ですが、実際には仕事探しや待遇面の低下など大変なことも多いため、地元に帰りたい場合には良く考える必要があります。

 
何も考えず、勢いで地元に帰ってしまうと、「こんなはずじゃなかった…」と後悔する可能性の方が高いですからね。

 
例えば給料が下がっても生活をしていけるか、田舎ならではの不便さに耐えられるかなど、考えられる不安は全て想定しておくくらいの慎重さが必要です。

 
それでも気になるのであれば、あらかじめ地元の求人を調べて給与などの相場を調べたり、職種の幅を知っておくくらいは最低限しておくべきです。

 
そういう意味で地方への転職は簡単ではないため、見切り発車で今の仕事を辞めてしまう事だけはしないようにしましょう。

この記事がお役に立ちましたら、シェアしていただけると励みになります。